人気ブログランキング |

かんた

c0098625_124511100.jpg



 
 「 このココア、こくがあって、おいしいですね。
  お店にはいれて、夢がかないました。
  ぼく、本当はここに来たかったんだけれど、
  家の人が行かせてくれないというか、、、
  あのう、、、こういうお菓子って歯にくっついて
  虫歯になりやすいですよね。
  それに、ぼくんち、
  きょうだいが多いから無駄づかいさせてくれないんです。 」

「 ここへは 遊びに来るだけの子も たくさんいるんだよ。
  なかには自分のおかしをもってくる子もいるしね。 」

「 そうなんだ~。
 お菓子を買わなくてもいいのなら、毎日でもこれると思います!
 だって、ぼくお店の前を毎日通っているんです、、。 」

「 毎日? 何かのお使いかい?  」

「 あの、、
 ぼーくまさんのお店の前から見る景色大好きなんです。
 そこに立っていると、みんなの声が聞こえてきて、、。 」


「 それじゃ~
  明日から遊びに来るといいよ。 」

「 はい! 絶対に来ます!
 それから本題ですけど、
 この帽子、こんなカエルのぼうしって
 おかしいとおもいませんか?
、、、ありえない。
 このジャンバーだって
 両手が出ないくらい ぶっかぶかだから、
 ブランコをこぐ時、すっごく大変なんです。
 
 ぼくんちは兄ちゃんが4人いるので、ぼくは末っ子なんです。
 だから いつも兄ちゃんたちのお下がりばっかり。
 こんな へんてこなカエルのぼうし。
 ほんとは、かぶりたくないんです。
 こういうことは がまんできるんだけれど、、。
 ぼくのこころが まんたんになっちゃった理由、、聞いてください!
 実は この犬、ウインキーなんです、、、。 」

「 やっぱり、、、
   さっき、きみたちの顔を見たら、、わかったよ。」

「 ぼくの鼻にすりきずがあったからですか?」

「 いや~、それはわからないが、、、。
  まだ話の続きを聞きたいんだけれど、ちょうど5時になったよ。」

「 わかりました! 
  この続きは必ず 明日ということにしていいですか?
  ぼくは 約束をまもりますから。 」

ぼーくまの店の夕暮れの客は、
きっかり23分間ご滞在。
ランプの芯がやっと落ち着いてきたようだ。
ジリリリ、、、。
油が上手い具合に馴染んでくると
その音も小さくなり、やがて壁のオレンジ色の中に吸い込まれる。

夕飯の用意にしようか。。。。
おや、かんたの座っていた隣の椅子に、
ちいさなハリネズミのぬいぐるみの忘れ物。

大切なものらしいね。
明日まで あずかるよ。
 
 
 

 

 
by bookuma | 2007-02-25 13:26

しろくま ちゃぐま くろくま ふでくま 今を大切に描きたいぼーくまの日記にようこそ!


by bookuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る