ちゅうくらいの おばあさんの話

                
c0098625_2259356.jpg


                        

昨日、ナシャばあちゃんに聞いたお話。
おもしろかったから、ピノにしてあげる!

                                 りっぴ。

 

『 ちゅうくらいの、おばあさんの話。  』



あるところに、小さくも大きくもない、
ちゅうくらいのおばあさんがいました。
ある日、ちゅうくらいのおばあさんは
お出かけをするので、
ちゅうくらいのコートを着て、
ちゅうくらいの靴をはいて、ちゅうくらいのバックを持って外に出ました。

しばらく歩いていくと、
ちゅうくらいの川がながれていましたが、
ちゅうくらいのおばあさんはひょ~い!
向こう岸にひとっとび。

また歩いていくと、道端にちゅうくらいのリンゴが落ちていました。
「 おや、まあ~。もったいないねぇ、、。 」
ちゅうくらいのおばあさんは、バッグに入れてあるきだしました。

今日のお買い物は、バターにシナモンに小麦粉でした。
ちゅうくらいのおばあさんは、ちゅうくらいのお店に入り、
ちゅうくらいのバターと、ちゅうくらいのシナモン瓶と
ちゅうくらいの小麦粉の袋を、一つずつ買いました。

ちゅうくらいのおばあさんは、今来た道を歩いて家にもどりました。
「 さ~て、作るわよ~。 ランラランラ~~~♪ 」
ちゅうくらいのおばあさんは、ちゅうくらいのエプロンをつけると、
ちゅうくらいのボールに買ってきたちゅうくらいの小麦粉を入れて、
冷やしておいたちゅうくらいのバターを入れてパイきじを作り始めました。

「おんやぁ~~~~~っ!!  
       たいへん!たいへん!たいへん!」
ちゅうくらいのおばあさんは、たいへん!を10回いいましたよ。
「 一番大切なものを買い忘れたわ。
        アップルパイを作りたいのに、、、。」
しばらくして、ちゅうくらいのおばあさんは、思い出したのです。
 買い物に行く途中で、ちゅうくらいのリンゴを拾った事を!

ちゅうくらいのおばあさんは、バックをあけて、リンゴをさがしはじめました。
ちゅうくらいのおばあさんは、ちゅうくらいのリンゴをさくさくさく、、、、
ちゅうくらいのナイフで切って甘く煮て
とうとう、ちゅうくらいのアップルパイが焼けました!!

ちゅうくらいのおばあさんは、一晩おいたアップルパイが大好きでしたので、
「 今夜は早くねることにするわ。」
ちゅうくらいのおばあさんは、ちゅうくらいのベットに入り
すぐに眠ってしまいました。
すると、、、、。
           どっすん!

                    どどーーーん!
 
                                  トトトトトッ!

なにやらおおきな音が台所から聞こえてきました。
何かが、ちゅうくらいのおばあさんのベッドに近づいてきます。
ちゅうくらいのベットも震え出しました。
その音が、ベットのすぐ目の前でピタリと止まったその時、


「あたしを丸くもどして!」


ちゅうくらいのおばあさんは、こわくなってきて寝たふり。

「 あたしの赤い皮をかえして!」

ちゅうくらいのおばあさんが寝返り一つ。

「 あたしの種はどこ?」

ちゅうくらいのおばあさん、わざと大きないびき。

「 あたしの、、、、。」

すると、ちゅうくらいのおばあさん、こういったとさ~。


「 だまって、アップルパイにおなり!」





このお話は、アイルランドの昔話の、「 ちいちゃい、ちいちゃい」
という大好きなお話につられ、つくってしまいました。
ちいちゃい、ちいちゃいのお話を読みたい方はこちら。
こちらは、、、コワイ。。

               福音館 『 イギリスとアイルランドの昔話 』
                      石井 桃子 編*訳 

挿絵が大変気に入っています。
                            J . D , バトン  画  


アイルランドのお話にぴったりな上、
イエローカラーの装丁がにくい!
 
by bookuma | 2007-02-08 23:13

しろくま ちゃぐま くろくま ふでくま 今を大切に描きたいぼーくまの日記にようこそ!


by bookuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る