ぶどう酒色のランプ

                     
c0098625_2121499.jpg


秋には蔦の絡まる倉庫の店、ランプ舎
今はその上に白い雪が、ふんわりふわり
小さなドアを開けるとチャリン。。。懐かしい音が響いた。

ぼーくまの選ぶ席はいつも二階の隅っこ
アルミの同じ形をしたポットが二つやってきた。
ひとつは,温かいミルクが。。
もうひとつにはコーヒー

大きめなマグカップに好みで作るのが嬉しいんだ。
ぼーくまの好みはコーヒーを多めに入れる。

時間が無いから寄らないなんてぼーくまの辞書にはない。
寄ってみてから考えればいいのさ

このランプ。。。ずっとここにあるよな。
よっ、元気だったかい?
じゃないよな。お元気でしたか?
ぶどう酒色のランプを見上げながらごっくんごっくん。。。
何だかこのランプ、貴婦人の様に思えるんだ。

ランプ舎の隣はランプのお店
雪の結晶のオーナメントがたくさんゆれている。

おいらの店の窓辺につるしたら綺麗だろうな
三つ、お買い上げ
ぼーくまの買い物はこれで、おしまい
体もあったまってきた。
by bookuma | 2006-12-08 21:24

しろくま ちゃぐま くろくま ふでくま 今を大切に描きたいぼーくまの日記にようこそ!


by bookuma
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る