鞍馬天狗

c0098625_221831100.jpg


せっかく描いたけれど、完成にならないものもあります。。
一生懸命描いたので、愛すべき仲間をここで紹介させてくださいね。
昭和の香り、、たっぷりの子ども達。やんちゃだけど真剣です。

鞍馬天狗は昭和初期のかなり古参なキャラクター。
でも、ちゃんばら好きな日本の少年たちは、風呂敷かぶってなりきったそうな~。

ちなみに、月光仮面は1958年代。
鞍馬天狗はその世代の親くらいに人気を集めたのだそうです。

左の子は、かなり負けず嫌いみたいです。
隠し持っていた剣で年上の子の脇腹に大手!
当時は剣もみんな手作りで、木を削って造ったにしても、痛そう~。

どっちにしても、この後、負けず嫌い君は、こてんぱんにやられただろうなぁ。心配です。
妄想する側の勝手な推測とはいえ、これ、、いったいどこまでいくんだろう。


このイラストは6Bの鉛筆で描いたものです。
今日 文房具やさんで6本買ってきました。
柔らかくて、大好きな濃さです。
この柔らかい鉛筆で、しばらくは昭和を描きまくる予定です。

お話しの挿絵で生まれたこの少年たち。
君達に会えて、
なんだか、うれしくなっています。
[PR]
by bookuma | 2010-09-30 22:18