ぼーくま、上野美術館に行く!

ぼーくま、感激のお正月。
おとつい、上野公園を歩いていました。
山手線の駅の出口をあがると、たくさんの人人、

行き先は上野美術館。
ここで、すごい出会いが待っていました。
な、なんと鳥獣戯画に会えたのです。
道路沿いに立っている展示案内に目が釘づけになりました。
国宝展示物の中に、それが案内されていたのです。

12世紀のお絵かきの中に、、心が飛ばされていきました。
誰が描いたのかも、わからない。摩訶不思議なあの世界へ、、。
うさぎと同じ大きさのかえるが、相撲するあのシーンこそは展示に含まれていませんでしたが、
ただただ、記憶にあるのは、その筆さばきです。

何百年も前の、大昔に誰かが、この紙にたしかに描いていた、。、
その現実を目にできるだけで幸せでした。
c0098625_1412512.jpg
その他にも、円山応挙の水墨画や、葛飾北斎の一枚も、、。
あれから、時間がたつにつれ、、しみしみと心に入ってくるものは、何だろう・・
 今の気持ちを例えると、、このかえるの如くこっそり踊りだしたい心境です!
感動~~~~。。。
[PR]
by bookuma | 2009-01-11 14:08