重い空だけど、、

c0098625_9141561.jpg
昨日のコンビ二で転んだ男の子、
やっぱり、お店に戻って、
大丈夫?と、一声かけるべきだった。
思うままではダメですね。
反省、、。


今朝の北西の空、
反省の心を映したような、グレー圧縮の空なり
雪が来る気配だ。
週末、吹雪くらしいよの天気予報があたりそうです。

昨日の、エルマーには、
常連さんの男の子の兄弟と
小学生男女4名
大人2名が参加してくれました。

珍しい小学生高学年の男の子に、ぴったりな一冊をチョイス。
間違いない!

「  もじゃきのくすり  」
大すきケロポンズのぽんちゃん作の絵本です。

もじゃきはゴリラです。
お話が始まる前に前座の?本当にあった話をひとつ。

今から何年も前、
札幌の円山動物園で、
ゴリラのオリの前で、
一人のおじさんがゴリラをジッと見ていた。

お互い、強い眼光で、にらみ合い状態に、、。
いきなり、ゴリラは興奮したように、ぐるぐる周りだして、
手早く、そばにあった自分のウンチを取り上げて
おじさんに投げつけた。。
その続きは、ここで書けません、、。

「 旭山動物園に、ゴリラのはなくそっていうお土産あったよ!」
男の子がおしえてくれました。
そうそう、あずきのお菓子なのです。
さすがに買った事はないけれど、アレは存在感を放っているお土産でした。

そんな前座話しで盛り上がり、
いよいよ、もじゃきのくすりのはじまりです。

ゴリラのもじゃきが、はなくそをほじり、丸めていたところ、
次々、ジャングルの動物達が現れて、
それは何?と聞かれます。

こ、、これは、頭の良くなる薬だよ~と
自分の鼻ほりほりまるめるめるをカモフラージュする、もじゃき
だって、はなくそだなんて、かっこわるくて言えないのです。

それを素直に信じて
自分の大切な金のひげを交換するものも現れて、
どんどん、もじゃきは、あとにひけなくなっていく、、。

高学年男子君は
このお話を気に入ってくれたようでした。
一年で何回かの集団下校日で図書館にきた彼ら、

帰りに図書館の受付で、
お話会に誘ってくださったらしい職員に、
「 参加した価値はありました。」
と言い残し去っていったそうです。
嬉しい、お褒めの言葉、しっかといただきましたぞ。

お話会の報告書を書いて、提出。帰ろうとすると、
「 絵本の題名ですが、、正しくは「もじゃきのくすり」ですよね。。」

見れば、わお、「もじゃきのはなくそ」と書いていたのでした。
[PR]
# by bookuma | 2014-12-11 07:23 | Comments(0)

濡れたコンビ二の床で!

今朝、高校生くらいの男の子が
コンビ二で、思いっきり転んでいた。
豆乳を買いに行き表に出た瞬間、目に飛び込んできた
ガラス越しの痛い光景。

頭を抱えていたので、本当、心配になった。
側にいたら大丈夫?と、声をかけたと思うけれど、
店内に戻ってまで、おせっかいかな、、とそのままにしました。。
ごめんなさい、、。

これからの季節、コンビ二の床は危険です。
雪道で濡れた靴底で、こんな事に!
くれぐれも足元、注意しましょう~。
北国のみなさんへ
[PR]
# by bookuma | 2014-12-10 13:28 | Comments(0)

久しぶりの、「はのん」で

マオイ丘陵の街の、
「はのん」にいってきました。

美味しい珈琲の器は
陶芸作家の奥さんの手によるもの
「はのん」のマスターでもあるご主人は
音楽の教員だった方です

お店のグランドピアノにそっと置かれていた楽譜に
「花は咲く」の題名が見えて
大すきな歌です
というと,弾いてくださり
一緒に行った友人ともども、感激しました。



大きな窓の向こうは大平原
海のように広がる景色は冬枯れの畑ばかり
夕焼けに染まり、素晴らしい景色でした。
これから、大雪原になるのも遠くはないでしょう

マオイ丘陵の成り立ちの話しになった時、
樽前山の噴火で
かなりの噴石がここいらに流動したことなど、
興味を持つ話を聞くことができました。
ああ、このジャンルの話し、、
ワカラナイくせして、はまってまう自分がいるのです

そういえば、この町には
小さな砂丘があると聞いたことがあります
北海道が二つの島で、ここが海だった頃の名残だそうです

以前、そのイメージの地図を見たとき、
北海道の地図の中に
たしかにあった海岸線は、どのあたりだったのだろう、、と思いました。
今は陸地となったいる、どこかの街の
このへんが海岸で、そこから、かなり深い海だった、、なんて判ったら面白い


かつて存在していた支笏湖火山も
ぼーくまの街から望む、現在の稜線とは全く違うものだった事でしょう。。
[PR]
# by bookuma | 2014-12-06 21:54 | Comments(0)

1万9726歩

歩いた!
あるいた。
たくさん歩いた日

朝、
雪が、ほんのりとかぶっているイザリ川の自転車遊歩道を、
今年最後かなと、名残惜しみながら歩いて、
恵庭岳の冬本番のゆきげしきも、きれいでした。


それに、今日は札幌に用事ができて電車に乗って、
駅周辺をてくてくてく、、。

3日前のヨコハマから飛行機で帰った日は、7471歩、、。
電車、バス、飛行機の行程で
案外、少ないものでした。

再びの19726歩!!の話し。
これは10キロ歩いた事になります。
ここ、ふたつき、毎日平均13000歩から17000歩くらいを朝、歩きました。
決して自慢できる距離じゃないけれど、
車中心の生活だったので、嬉しい!
そのせいか、今回のヨコハマ行きへの移動は体が軽かった。
でも、こんな時こそ気をつけないとね。
本当に、お調子もんですから。
また、ぎっくりとか、しませんように!



早朝の恵庭岳と河のせせらぎと話が出来た川辺の遊歩道。。
素晴らしい時間でした。
タンポポ咲く頃まで、さようなら!
この冬、早起き生活のまいにち。。
働きながら、体、きたえるぞう!
[PR]
# by bookuma | 2014-12-04 19:03 | Comments(0)

しろくまアイスのうた

しろくて甘い
しろくまアイス
大好物の 
しろくまアイス
夏が来たなら、これ関門

つぶらな瞳と丸いハナ
あまいあずきがツブ可愛い

マンゴー
パイン
いろどりたまらん


みんなだいすき
まいにち 食べたい
しろくまアイス

果汁のにごりがたまんない
しろくまアイスc0098625_2129531.jpg
まいにちたべたい
本気のアイス

買いにいこーーー。

俺んところは
カキ氷なんだけどな、、。


コンビ二のアイスコーナーで、どこかのおじさんと同時に、しろくまアイス
手が重なるところでした。。



 
[PR]
# by bookuma | 2014-07-14 21:29 | Comments(0)

モリキ先生からの手紙3

前略
 ちよっとヒマなので、落書きします。
私が、(下塗り描法)するときの下塗りの色についての付言です。
灰色がイイと言ったり、バンダイキブラウンと指定したりすることがあります。
で、混色でつくった(灰色)の例を示してみました。
どの混色でも、色見本の(グレイオブグレイ)と比べて、透明性の高いことが、おわかり願えると思います。
透明性が高くないと、下塗りには駄目だってことが、おわかりとおもいます。
色環で言うと、赤にたいして緑、青に対して橙、黄に対して紫が補色。
補色の混色が灰色というしだいではありますが、透明性ということが加わりますと、イマイチ、むずかしくなります。                     
なお、同封の「天声人語」のように、絵の具の色と自然の色とは違うってことにも御留意ねがいます。    
                                                               中略


先生、ありがとうございます。
下塗りの色には、透明性の高さが必要であること、
グリザイユ画法という、白黒の濃淡の下絵も初めてしりました。
また、、パレットの絵の具の置き方も参考にして作ってみました。
お手紙の、(パレット、二つ折りの、上段に透明性のより高い絵の具、下段に低いもの。
上下とも赤、橙、黄、緑、青の順、そして黒と、左から右へと並べていきます。)バッチリです。
このパレットが手元にあるだけでも、可愛い野の花を見つけたら、描いてみたい気持にかられます。

 天声人語に紹介されていた寺村祐子氏の緑の本の染物の話し、なるほどなぁと思いました。
イギリスで、1856年に合成染料が使われる以前は世界中、すべて植物から採れる染料であった事、
文中の(植物で染めた色を分析すると、どの色にも赤、黄、青の三原色が含まれ、そのため隣にどの色を
組み合わせても不快になることがなく、調和しやすいそうだ。)
以前、和紙を染めて遊んだ事を、思い出しました。
最後に残った色をめちゃくちゃに混ぜたときに、
おもってもみない色がうまれたのです。
オレンジともブラウンともいえない」夕暮れの逆光っぽい影の色というか、
木漏れ日のような自然の光のような色でした。
あの中にも、三原色が含まれていたということでしょうか

追伸
今日も一日暑い日でしたね。
こちらは、近くの小学校のプールから大入り満員?の歓声が聞こえてきました。




c0098625_93493.jpg











                                   
[PR]
# by bookuma | 2014-07-03 09:03 | Comments(0)

絵本をよむということ

c0098625_20474884.jpg


札幌駅近くの文庫で,講演会がありました。
たくさんの引き出しを持っておられる凄いパワーの持ち主の方で終始、圧倒されました。

お住まいの奈良で、読み聞かせの活動で関わる中でのエピソードが心に残りました。
その場所は、少年刑務所でした。
そこで一冊の絵本が、カスガイになります。
こんな風に、、と、その場面を再現するように、お父さん役に男性が、子供役に女性が読み手になりました。

お父さんと幼い子供の、何気ない会話が繰り返されます。

お父さん、これは、どうして?
これはね、、、こうなんだよ。
平凡で、ありふれているけど、やさしい会話

彼らもおとうさん役、或いはこども役になって読む
その繰り返しの中で、実に心地良さそうに、いい表情になるのだと、,いうお話しでした。
自分に自信がないような、小柄な少年がお父さん役を
ボスっぽい子が子供役を、

ここの辺りから、胸に熱いものが込みあがってきました。

加害者であるけれど、その前に実は被害者であった環境の中で育った子が少なくない現実
そんな彼らが絵本を読む中で、変化をみせていく、

たくさんの、内容が織り込まれた、深い内容の講演の中で、一番心に残った
絵本をよむこと、、の話しでした。
[PR]
# by bookuma | 2014-06-29 21:45 | Comments(0)

ぼくのはなをくすぐったの  だれ?

c0098625_8525334.jpg


もりの中で ひるねをしていたら、
はなが しゅるるるっ
はっくしょ~ん
くしゃみをして めがさめた
なんてこった
今 みていた夢 かえしてよ

こいつだ
めのまえの 野いちごが
ぼくの はなをくすぐったんだ
あおくて まずそうな 野いちごのこども

ぼくの夢の中は
一面のブルベリーの畑だったんだ
たべても たべても なくならないブルベリー

おなかが すいてたから こんな夢みたんだなぁ

ちっぽけな 野いちごめ
ぱくっと食べてやろうか

青い野いちごは
ぼくのはなを また くすぐった
ともだちに なろうよ
風の中で ちいさな声をきいたような気がした

ぼくは また眠った
夢の続きをみせてくれたら ゆるしてあげるよ

                              

ミユキさんの押し花とコラボしたものです。
根ぼっけの世界を表現したいねと出来上がった一作目なのです。
ちなみに、ねぼけではなく、樹の根のことで~す。。 

 
[PR]
# by bookuma | 2014-06-27 09:09 | Comments(0)

モリキ先生からの手紙

先日の君の水張りは、イマイチでした。
何としても、うまくなってほしいデス。
描きあげて、額縁に入れたとき違いがはっきり見えてきます。

水彩は、色と形だとしますと、形のとりかたは十分にできています。
が、色の方は?
絵の具をケチってたのが、ダメ。
もっと、たっぷり使ってほしいものです。

私の使い方を見てほしくて、君の横で同じモチーフ?の花を描かせていただいたツモリでした。
結果は違ったものになりましたけど、
広い面積を占めた背景空間の部分を、私は新しい絵の具をチューブから絞り出して、ローラーみたいので着彩しました。
筆で描くより、絵の具が厚く着くからでした。
筆で描くと、どうしても水が多くなり、描きあがった色面が淡く、活気を欠くからなんです。
私は,としよりになったせいか?形はあまり、描きません。
描かないというよりは、描けなくなったのでした。

札幌駅で別れた時、どこぞの喫茶店でも寄って、もっと喋りたかった次第。
が.駄目でした。
次の機会にでも、やっちゃんとも一諸にね。
それから、是非読んでほしい本があります。
「 近代絵画の見方」
「 千住 博の美術の授業」


先生、ありがとうございます。
この間、駅に向かう道中、寒かったですね。
6月といえども厚着の先生。。さすがに天気予報をよまれてましたね。
あれから、旭川に帰るのに、お茶なぞ、とんでもありません。
でも、嬉しいです。
先生の選んだ花はマーガレットでした。
私は、少し前からクレマチスを描きはじめていて、、、たしかに残念でした。
先生のパレットの中で作られていく色に見惚れて
つい、どの色と、どの色で混色されたのか質問。

そんなの、わからんよ
ちょい、受けていました。

私がクレマチスの藍色の背景に、なんと、反対色のイエローを選んだことで、
教室の方が。
「 先生、イエローはありですか?」
「  むずかしいね。。」
2人のつっこみなのに、ボケ一人やん。笑
でも、、当たってる。
たしかに、一緒に並んでいた、マーガレットの白い花びらに、正直苦労していました。
どうしても、存在感を出せない。
私と同じクレマチスを描いていた方が、クレマチスに近い青い背景にしていて、マーガレットを
見事に浮き上がらせて、愕きでした。

先生と一緒に並んで絵を描いていた時
こんな日が来るなんてなぁ~と、呟かれた。
全く先生と同じ気持でした。
幸せな恵中、1の2の教え子です

次回は水張りを仕上げて参上します。
昨日、友達のお庭で、この間より薄い色のクレマチスを見つけ、一輪分けてもらいました。
しっかり、おさらいする予定です。

旭川の初めての夏がやってきますね。
盆地でかなり暑いらしいです。
水分をしっかり、とってくださいね。
それでは、また来月の教室にて、

追伸
やっちゃんが地元の素敵なログハウスの店で、
幻燈会を開きました。
彼女の朗読が、落ち着いていて染み入りました。
流している選曲には、いつも歓心します。
お話と、ぴったりなのですから、
アイルランド民謡です。

バーバラ.クーニーの絵本でした。
この作家は、女性が主人公の作品が多いようです。
その生き方が迫ってくるような幻燈の世界でした。
あんな風に年を重ねたいという作品でした。

夏至の夜に相応しい、幻燈会
この話しを、いつか三人で、札幌駅のスタバで、是非したいです。
先生のオススメの本は、図書館に探しにいきます。
なるべく、それまでに読んでおくことに~
[PR]
# by bookuma | 2014-06-25 21:44 | Comments(0)

おからに、はまるなり

大豆が値上がりするらしい。
と、言う事は、、豆腐も、おからも?
地元の工場で作っている98円の、あのおから、上がりませんように、
しっとりしていて美味なので、

卯の花に飽きてきて、今夜は、おからの薩摩揚げを35個~
すり身と、はんぺん、卵白、片栗粉少々、調味料は、醤油、みりん。
隠し味は、生姜のみじん切り、すりゴマです。
ひじきや、枝豆もいれて、なんでもこいだ
すり身より断然、おからが多いので、沢山作れる上、ヘルシー
からしが合います~。


この、おからをフライパンで炒る、おからパウダーも、
香ばしい香り良し
マヨネーズに混ぜたり、味噌汁にふったり、

オススメはふりかけ
ゴマ、しらすと鰹節など、やっぱりフライパンで炒ります
ちりちりの、しらすの塩分とカリカリ感触が引き立て役者

おからは偉い
豆腐より栄養価も高いし
だから、、値上がりしませんように!


飽きっぽい、冷めやすい
台所の持ち主の性格ですから、
料理の、はまるのもいつまでかわかりません。
冷めるまで、、、がんばるぞ。
ほんとに好きなものは。なんですか・
と、聞かれたら、な、なっとう!
おんや、やっぱり大豆だね。

               
c0098625_22325169.jpg



この子は、ユーさんちのミニブタ君
なんで、おからの話しに出てくるのかな?
共通点は、色白ってことで!
[PR]
# by bookuma | 2014-06-24 22:37 | Comments(0)

しろくま ちゃぐま くろくま ふでくま 今を大切に描きたいぼーくまの日記にようこそ!


by bookuma
プロフィールを見る
画像一覧